電撃の6ハロン戦をズバリ予想
スプリンターズステークス

スプリンターズステークスは、日本の日本中央競馬会(JRA)が中山競馬場の芝1200mで施行する中央競馬の重賞(GI)競走である。別名「電撃の6ハロン戦」。

投資型 競馬予想Ⅹの安定した的中率を体験してください。


昨年の口コミ優良支持率ナンバーワン!安定した的中率で安心の◎です。

出走メンバーは未だ浮動も「抽選馬」の中に大金脈アリ!
今年も「素質」が「早熟」をねじ伏せるのは現時点で既にムキ出し!
皆様にここで札束をご提供するのがノルマ!

プロフィット
ポイント,チェック 2011年投資競馬年間収益率≪第1位≫
無料登録いただいた無料モニターの方だけに、今だけ小額から始められる投資情報を無償提供中!
とにかく、稼ぎたいという方は、すべてがお得な投資指南サイトからスタート!
チャート,1 ■利用者の声/その1
お金に困らない生活ができたらなぁって考えてる方には、いつもオススメさせてもらってます。誰でも参加できて、少ない予算からで も、投資ができるノウハウはプロフィットで学ばせてもらいました。

■利用者の声/その2
不況で夫の稼ぎだけでは苦しい毎日でしたが、いまでは資産が1億以上になっています。今年中に夢の海外生活も実現します。本当に有難うございました。

各人の競馬経験・情報・コース実績や馬場状態、枠順、脚質等のあらゆるデータを駆使し、厩舎コメントはもとより馬のレースへの本気度を分析し、「馬券で勝ち続けるため」・「馬券でプラス収支」-プロの競馬予想サイトを激選紹介。 購入馬券の種類は各々の競馬歴・予想ファクターにより、「馬連」・「ワイド」・「三連複」に限定。毎週開催される中央競馬をプロの視点からみた予想を会員の皆さまへ配信しています。

昨年は万馬券247本的中
競馬に勝てるようになる貴方の転機です。ここに効率的な馬券戦略がある。
完全利益保障宣言!
株、FX、アフィリエイト、投資効率の高さは比べものになりません。
投資型 競馬予想Ⅹ
昨年の口コミ優良支持率ナンバーワン!安定した的中率で安心の◎です。

昨年のレース結果とレース展開


2010年 10月3日 4回中山8日 11R 第44回 スプリンターズステークス GⅠ 芝1200
01着 ⑦ ウルトラファンタジー
02着 ⑭ キンシャサノキセキ
03着 ③ サンカルロ
04着 ② ダッシャーゴーゴー
05着 ⑧ ワンカラット

単勝 7 2930円
複勝 7 900円 14 240円 3 450円
枠連 4-7 1020円
馬連 7-14 9900円
馬単 7-14 22400円
ワイド 7-14 3600円 3-7 6040円 3-14 1500円
3連複 3-7-14 50860円
3連単 7-14-3 358410円

▼ PR 推薦サイト ▼

昨年は万馬券247本的中
競馬に勝てるようになる貴方の転機です。ここに効率的な馬券戦略がある。
完全利益保障宣言!
株、FX、アフィリエイト、投資効率の高さは比べものになりません。
投資型 競馬予想Ⅹ
昨年の口コミ優良支持率ナンバーワン!安定した的中率で安心の◎です。

スプリンターズステークスの年度別成績年度別成績

年度/レース名 1着 2着 3着
2007年(平成19年)
スプリンターズステークス G1
アストンマーチャン サンアディユ アイルラヴァゲイン
2006年(平成18年)
スプリンターズステークス G1
テイクオーバーター メイショウボーラー タガノバスティーユ
2005年(平成17年)
スプリンターズステークス G1
サイレントウィットネス デュランダル アドマイヤマックス
2004年(平成16年)
日本中央競馬会創立50周年記念
スプリンターズステークス G1
カルストンライトオ デュランダル ケープオブグッドホープ
2003年(平成15年)
スプリンターズステークス G1
デュランダル ビリーヴ アドマイヤマックス
2002年(平成14年)
スプリンターズステークス G1
ビリーヴ アドマイヤコジーン ショウナンカンプ
2001年(平成13年)
スプリンターズステークス G1
トロットスター メジロダーリング ダイタクヤマト
2000年(平成12年)
スプリンターズステークス G1
ダイタクヤマト アグネスワールド ブラックホーク
1999年(平成11年)
スプリンターズステークス G1
ブラックホーク アグネスワールド キングヘイロー
1998年(平成10年)
スプリンターズステークス G1
マイネルラヴ シーキングザパール タイキシャトル
1997年(平成9年)
スプリンターズステークス G1
タイキシャトル スギノハヤカゼ ワシントンカラー
1996年(平成8年)
スプリンターズステークス G1
フラワーパーク エイシンワシントン シンコウキング
1995年(平成7年)
スプリンターズステークス G1
ヒシアケボノ ビコーペガサス ソーファクチュアル
1994年(平成6年)
スプリンターズステークス G1
サクラバクシンオー ビコーペガサス キョウエイキーマン
1993年(平成5年)
スプリンターズステークス G1
サクラバクシンオー ヤマニンゼファー ニシノフラワー
1992年(平成4年)
スプリンターズステークス G1
ニシノフラワー ヤマニンゼファー ナルシスノワール
1991年(平成3年)
スプリンターズステークス G1
ダイイチルビー ナルシスノワール ハスキーハニー
1990年(平成2年)
スプリンターズステークス G1
バンブーメモリー ルイテイト リンドホシ
1989年(平成元年)
スプリンターズステークス G2
ウィニングスマイル プリンシプル ツジノショウグン
1988年(昭和63年)
スプリンターズステークス G2
ダイナアクトレス セントシーザー ホクトヘリオス
1987年(昭和62年)
スプリンターズステークス G2
キングフローリック アイルビーゼア コーリンオー
1986年(昭和61年)
スプリンターズステークス G2
ドウカンテスコ ロングハヤブサ タカラスチール
1985年(昭和60年)
スプリンターズステークス G3
マルタカストーム ゴステロ ノーザンキーラー
1984年(昭和59年)
スプリンターズステークス G3
ハッピープログレス ワールドキング ノーザンキーラー
1983年(昭和58年)
スプリンターズステークス .
シンウルフ キヨヒダカ ステイード
1982年(昭和57年)
読売スプリンターズステークス .
ブロケード サクラシンゲキ シュンシゲ
1981年(昭和56年)
読売スプリンターズステークス .
サクラシンゲキ コンパニオン ハワイアンイメージ
1980年(昭和55年)
読売スプリンターズステークス .
サクラゴッド シーバードパーク ブラビオー
1979年(昭和54年)
読売杯スプリンターズステークス .
サニーフラワー シーバードパーク マイエルフ
1978年(昭和53年)
読売杯スプリンターズステークス .
メイワキミコ マイエルフ モデルスポート
1977年(昭和52年)
読売杯スプリンターズステークス .
メイワキミコ ボールドシンボリ ジャンボキング
1976年(昭和51年)
読売杯スプリンターズステークス .
ジャンボキング ベロナスポート シカゴ
1975年(昭和50年)
読売杯スプリンターズステークス .
サクライワイ キャッシュボア インモータル
1974年(昭和49年)
読売杯スプリンターズステークス .
サクライワイ キャッシュボア シカゴ
1973年(昭和48年)
スプリンターズステークス .
キョウエイグリーン ノボルトウコウ スピードリッチ
1972年(昭和47年)
スプリンターズステークス .
ノボルトウコウ ハクホオショウ キョウエイグリーン
1971年(昭和46年)
スプリンターズステークス .
ケンサチオー スズランパス ダッシュリュー
1970年(昭和45年)
スプリンターズステークス .
タマミ スイノオーザ マキノホープ
1968年(昭和43年)
スプリンターズステークス .
スズハヤテ ヒシヤクシン ソロナフェア
1967年(昭和42年)
スプリンターズステークス .
オンワードヒル ブッシャン キヨトミ
スプリンターズステークス過去のプレスリリース

香港馬の回避が波紋を呼ぶ「シナリオ急変」の裏事情こそ
素人に隔絶された闇!!
カノヤザクラの一着は有得ない真実は馬主席に筒抜け!!
利害一致に基づく馬主席とJRAの癒着が
「高配当の結末」に着手!!
ここも擁立された「闇の一着馬」が
毛細血管ブチ切れの驚愕ド回収に導く!!
先般よりお伝えの通り「13戦10勝2着2回4着1回」の実績を誇る「香港スプリント界の新星/セイクリッドキングダム」の当レース「辞退」は迎え撃つJRA自らも馬主席へ「確勝級」と事前報告まで行った馬だけに「そのシナリオ」は大きな「変更」を余儀なくされたもの。前哨戦にあたる「セントウルS」からの参戦をオファーしていたもので、勝ったカノヤザクラ及びここを「回避」した同厩スリープレスナイト陣営の「取り扱い」が馬主席にとってひとつの「焦点」となっていたのが現実である。9月に入って「脚元の不安」を理由に「辞退」を発表した訳だが香港とも「強いパイプ」を持つ社○グループとしては事前に「それを知って」のスリープレスナイト「セントウルS」回避で有りカノヤザクラ「北九州記念」回避が囁かれるもの。当レースにおける「JRAの思惑」が一時暗礁に乗り上げた事でキンシャサノキセキを含む三頭の「ヤリ/ヤラズ」が「保留」となってしまったのも束の間。先ずは「社○派閥」の一頭であるカノヤザクラが「本番でのヤラズ」を余儀なくされ「馬主席全体」での調整にシフトチェンジされた経緯があるのだ。以前にもハーツクライの「ノド鳴り」をマスコミに漏洩した橋口調教師がここへ来て「カノヤザクラよりスリープレスナイトって書いとけば」とブン屋を前に良心に浸るのもそのため。同馬は「サマースプリントシリーズ」を制し5000万円のボーナスを手にした事も有りここでの1着はこの場に及んで「ご法度」となったもの。既に最終追い切りでも「ヤラズ」に徹しられており鞍上の小牧も「意気消沈」が隠せない有り様であった。そんな中、名門「シンボリ(シンボリグラン)/トウショウ(トウショウカレッジ)」の両大御所が香港馬の「辞退」を盾に「身入り(山分け)」を求めた件が「高配当」の決着を望むJRAとの「利害関係」を成立に向かわせた次第。これに社○グループが馬主席全体の調整を計り「アノ馬の一着」で皆の承諾を取りつけたものだ。全馬最終追い切りを終えた木曜日のトレセンでは今秋初の「GIレース」を前に大馬主数人が姿を見せ「最終確認」に余念がないといった所。ご存知の通り昨今の「株価暴落」は大馬主の資産が「目減り」しただけでなく運用される「建て玉」の「追証」が求められる状況。早急に「現金」が必要なのはどの大馬主も同じ立場なのである。GIレースこそ「大口投資」によるオッズへの影響は少なく「この最悪の状況で秋のGIシリーズが始まる」運の良さこそ「勝ち組」の引きの強さが伺える所。ここは「大不況」を逆手に我々も大馬主の「利権」を横取らせて頂くとする。